箱根コース

大胆かつ繊細なコースに雄大な景色を兼ね備えた9ホール~広々としたフェアウェイの先に構える世界遺産’富士山’へ向かいナイスショット!~スタートホールは谷越えとなり、ティーグランドからピンまで見渡せる広々とした打ち上げのロングホールです。2番からはフラットなホールが続き、6番のミドルホールでは左サイドに堂々と立つ一本松とフェアウェイに浮き上がる富士山が一望出来ます。

コース情報印刷する        芝目情報を印刷する

箱根コース  No1. PAR 5

  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1

H-1h

h1_1

ワンポイントアドバイス

ティショットが110Yを超える谷越となるロングホール。
各ショットの落下地点には、フェアウェイの両サイドにバンカーがセットされており、
飛距離だけでなく正確性も要求している。打ち上げとなる第3打は、グリーン面が見えないので、距離感をいかに掴むかが勝負となる。

BT(バック) RT(レギュラー) FT1(フロント) FT2(レディース)
A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr
557 550 533 526 506 499 395 388

箱根コース  No2. PAR 4

  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1

ワンポイントアドバイス

ティショットの狙い所は、クロスバンカーの左サイドがベスト。
第2打地点からグリーンまでが打ち下ろしのために距離感が掴みにくくなっている。
またオーバーさせてしまうと返しのアプローチが大変難しくなるので要注意。

BT(バック) RT(レギュラー) FT1(フロント) FT2(レディース)
A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr
452 414 408 370 388 350 366 328

箱根コース  No3. PAR 3

  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1

 

h1_3

ワンポイントアドバイス

距離的には何も問題はないが刻々と変化する七色の風が微妙に影響し、クラブ選択を迷わせる。花道は広くなっているが奥や両サイドにガードバンカーが待ち受けている。
大きな受けグリーンには、微妙なアンジュレーションがパッティングを難しくしている。

BT(バック) RT(レギュラー) FT1(フロント) FT2(レディース)
A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr
182 157 165 140 150 125 150 125

箱根コース  No4. PAR 5

  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1

h1_4

ワンポイントアドバイス

やや左にドッグレッグしていくロングホール。
ティショットの落下地点はフェアウェイが広いものの左右にOBラインが走っている。
第2打をフェアウェイ左にはずすとグリーンが狙いにくくなるので、右サイドから攻める方がベター。切れの良い第3打のアプローチが勝負となる。

BT(バック) RT(レギュラー) FT1(フロント) FT2(レディース)
A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr
548 528 527 507 527 507 527 507

箱根コース  No5. PAR 3

  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1

h1_5

ワンポイントアドバイス

打ち下ろしのショートホール。ここも風の影響をどのように読むかがポイントとなる。
グリーンは左右、奥とバンカーでがっちりガードされており、パーセーブを難しくしている。グリーンは奥に向かって速いので手前から攻めないとオーバーの可能性がある。

BT(バック) RT(レギュラー) FT1(フロント) FT2(レディース)
A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr
162 149 139 126 139 126 139 126

箱根コース  No6. PAR 4

  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1

h1_6

ワンポイントアドバイス

ほぼストレートなミドルホール。
ティショットの落下地点には左右にクロスバンカーがセットされ、落とし所をギュット絞り込んでいる。ただし、フェアウェイをキープできれば、グリーンをショートアイアンで狙うことができるのでバーディチャンスが生まれやすい。

BT(バック) RT(レギュラー) FT1(フロント) FT2(レディース)
A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr
357 330 338 311 338 311 338 311

箱根コース  No7. PAR 4

  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1

h1_7

ワンポイントアドバイス

ストレートなミドルホールだが攻略ルートは狭い。
まず、ティショットは左右のクロスバンカーを避けられるかがポイント。
そして第2打では、グリーン手前センターにある樹が、ロングショットに微妙なプレッシャーを与えていて、タフなホールである。

BT(バック) RT(レギュラー) FT1(フロント) FT2(レディース)
A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr
445 437 415 407 394 386 394 386

箱根コース  No8. PAR 4

  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1

h1_8

ワンポイントアドバイス

打ち下ろしで右ドッグレッグのミドルホール。第1打をクロスバンカーの左サイドまで運べば、ショートアイアンでグリーンを狙っていける。
しかし、第2打の距離感が意外に掴みにくく、正確なクラブ選択が鍵となる。

BT(バック) RT(レギュラー) FT1(フロント) FT2(レディース)
A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr
395 373 382 360 357 335 357 335

箱根コース  No9. PAR 4

  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1

h1_9

ワンポイントアドバイス

距離の短いミドルホールだが、左サイドにはOBライン、右サイドは斜面になっている。
やはり右の斜面よりが狙い所となる。第2打では思い切ってピンを狙ってくるはずだが、オーバーすると返しのアプローチが難しくなるので要注意。

BT(バック) RT(レギュラー) FT1(フロント) FT2(レディース)
A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr
347 330 335 318 316 299 316 299

ページのトップへ