富士コース

戦略性に富んだアグレッシブな9ホール~ワイドなフェアウェイと繊細なグリーンにチャレンジしたくなる~ロングヒッターには有利な距離たっぷりのホールが多い反面、ショートゲームの面白さを際立たせる9ホールです。スタートホールで富士山の雄姿を正面にショットする1打は格別で地形の起伏を生かしたチャレンジングなコースです。

コース情報印刷する        芝目情報を印刷する

富士コース No.1 PAR4

  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1

f1_1

ワンポイントアドバイス

谷越え、打ち下ろしと変化に富んだミドルホール。
ティショット落下地点にはフェアウェイを細く絞るようにして2つのクロスバンカーがセットされている。アゲンストになると2オンさえも難しくなり、手前の花道を狙って安全に刻んでパーセーブを狙うこともある。

BT(バック) RT(レギュラー) FT1(フロント) FT2(レディース)
A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr
397 411 384 397 369 383 247 261

富士コース No.2 PAR4

  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1

f1_2

ワンポイントアドバイス

距離もたっぷりあり、要所にバンカーがセットされた難ホール。
まず、ティショット落下地点にセットされた3つのクロスバンカーが鬼門。さらに、第2打が打ち上げとなるため、グリーン面が見えないので距離感が掴みにくい。意外とバーディのとりにくいホールである。

BT(バック) RT(レギュラー) FT1(フロント) FT2(レディース)
A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr
406 411 370 375 343 348 343 348

富士コース No.3 PAR5

  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1

f1_3

ワンポイントアドバイス

右ドッグレッグで第2打地点から打ち下ろしていくロングホール。右サイドにはOBラインが走っている。
ロングヒッターなら2オンの可能性もあり、是非バーディをとっておきたいホールだ。 ただし、グリーン手前にバンカーがあり、第2打をどこに運ぶかによっては状況が大きく変わってくるので要注意

BT(バック) RT(レギュラー) FT1(フロント) FT2(レディース)
A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr
531 543 520 532 487 499 487 499

富士コース No.4 PAR3

  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1

ホールインワン賞

f1_4

ワンポイントアドバイス

ほぼフラットなショートホールだが、グリーン奥には大きく口をあけたガードバンカーがセットされており、さらに、左にはOBラインが走っているため、風向き次第では難易度が大きく変わってくる。

BT(バック) RT(レギュラー) FT1(フロント) FT2(レディース)
A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr
155 175 138 158 121 141 121 141

富士コース No.4 PAR3

  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1

f1_5

ワンポイントアドバイス

ティグランドからグリーンまで打ち上げていく左ドッグレッグのミドルホール。
ティショットはフェアウェイの右サイドに運ぶのが狙い目。グリーン面は見えないので方向、距離感をいかに掴むかがポイントとなる。さらにグリーン上には微妙なアンジュレーションがあるので、3パットの可能性もある。

BT(バック) RT(レギュラー) FT1(フロント) FT2(レディース)
A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr
380 346 343 309 343 309 343 309

富士コース No.6 PAR3

  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1

f1_6

ワンポイントアドバイス

谷越えで打ち下ろしのショートホール。グリーン前の谷はOBで、風向きが刻々と変化するためクラブ選択がポイントとなる。
風がなければデッドにピン狙いだが、風がある時はグリーン中央を狙って安全に乗せていく方が得策。

BT(バック) RT(レギュラー) FT1(フロント) FT2(レディース)
A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr
204 175 174 159 139 140 129 130

富士コース No.7 PAR5

  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1

f1_7

ワンポイントアドバイス

左ドッグレックで打ち下ろしていくロングホール。
右サイドはグリーンまでOBラインが続いている。ティショットは左土手下のクロスバンカーの右に落とすことができればベスト。第2打は右に出やすいので要注意。グリーンはガードバンカーにがっちり囲まれている。

BT(バック) RT(レギュラー) FT1(フロント) FT2(レディース)
A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr
603 553 583 533 548 498 548 498

富士コース No.8 PAR4

  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1

f1_8

ワンポイントアドバイス

ほぼストレートでフラットなミドルホール。
フェアウェイ右サイドが一段下がっており、ここに落とすと2オンが難しくなるので、ティショットはフェアウェイ左サイドがベストポジション、第2打はグリーン中央を狙って大きめに攻めたい。見かけ以上に難しいホール。

BT(バック) RT(レギュラー) FT1(フロント) FT2(レディース)
A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr
386 385 362 361 362 361 362 361

富士コース No.9 PAR4

  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1

f1_9

ワンポイントアドバイス

打ち下ろしてから打ち上げのミドルホール。
ティショットの落とし所は、右のバンカーの左サイドがベストで、ここからの第2打は一番狙いやすい。
しかし、グリーンは砲台になっているため、距離、方向の両方の正確さが、要求される。さらにグリーン上には微妙なアンジュレーションがあるので、3パットの可能性もある。

BT(バック) RT(レギュラー) FT1(フロント) FT2(レディース)
A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr A Gr B Gr
366 353 327 314 293 280 293 280

ページのトップへ